>      -  神聖存在について

スポンサーサイト

| EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神聖存在について

| EDIT

「神聖存在」
ムンダス、エセリウス、オブリビオンどの次元にも存在せず由来もまったく異なる神性。
文献上にわずかに「存在」や「数多の知識の管理者」、「観測者」とだけあり、それが具体的にどういったものかはわかっていないが性質は善でも悪でもない。
容姿についても諸説あるが一定ではなく、複数体いるとも。
神聖存在側から定命の者に接触することはまずないが、定命の者側から「門」を通り「無意識の深層」にて出会う可能性があるという。
「両者が「均衡」状態であることを最も好み、求める者にはいかなる知識をも与える神性」がかつて一人の定命の者によって召喚されたが失敗し、肉体の檻に囚われた姿で顕現した。
また別の世界線では「カインの血族達」によって信仰されているようだ。

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。