>      -  SKYRIM~創作メモ・雑記 01

スポンサーサイト

| EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKYRIM~創作メモ・雑記 01

| EDIT


名前

 「尽きせぬ泉の滴」

概要
 アカヴィルの辺境、深い森の奥でひっそり湧く魔法の泉の水。乳白色の小瓶に入っている無色、無味無臭の水で、名前の通り決して減らず、常に同じ量を保っている。
また雫一滴程度でも他の水と混じるだけで同じ性質を持つようになるが、混じった水が別の水に混ざっても効果はない。また何らかの器から零してしまっても効果はなくなってしまうが、その場合「器から一瞬で水を無くさなくてはならない」「そうでなければ永遠に水は増え続けてしまう」。

例:エールに滴を入れるとエールの入った瓶を破壊するまで延々とエールが出てくる。


COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。